ドッグフードの口コミ

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン)の口コミは?私が実際に試した評価!

同じニュートロ製品の「シュプレモ」よりも高タンパクで、私が推奨しているグレインフリーのドッグフードだったので購入してみました!

私はイオンのペットショップで見かけて購入しましたが、Amazonや楽天でも購入できますので、購入しやすいドッグフードでもあります。

動物性の原材料のラインナップも選べる上でのグレインフリードッグフードは悩んでしまいましたが、今回は小型犬用のチキン味を試してみることにしました。

当時の食いつき具合も含め、消化や健康面でも大丈夫なドッグフードなのかお伝えしていきます。

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン)の原材料チェック

まず始めに、ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン)の原材料の情報をまとめてみました。

原材料

チキン(肉)、チキンミール、エンドウマメ、乾燥ポテト、鶏脂*(オメガ6脂肪酸源)、タピオカ、ビートパルプ、乾燥チキン、エンドウタンパク、タンパク加水分解物、ターキーレバー、ポークハート、ポークキドニー、亜麻仁(オメガ3脂肪酸源)、アルファルファミール、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
*ミックストコフェロールで保存

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン)の原材料から気になる点

早速、ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン)の気になる原材料を徹底検証していきます。

大事なたんぱく源となる肉類は何を使っている?

第1主原料に鶏肉と記載されているので、犬にとって大事な動物性たんぱく質を摂取できる良質なドッグフードだと思います。

しかし、第2主原料にチキンミールという記載があるので、肉副産物(内臓、骨、血液、とさか、皮、くちばし、爪、羽など)を使用されている可能性があります。

ただ、さすが歴史あるニュートロ社というところでしょうか。

公式サイトには「副産物ミールを使用せず、厳選した良質な乾燥ミールを使用しています」としっかりと明記がありました!

メーカーによっては、コストを下げる為に肉副産物を使用しているので、チキンミールの「チキン」という言葉だけに安心しないようにしましょう。

正直なところ、せっかくこだわりがあるのなら、ミール系は使わずに鶏肉のみで製造していただきたかったです。

ミール系について

ミール⇒乾燥させて粉にしたものになります。その為、チキンミールと記載があれば、チキン(鶏)を乾燥させて粉末にしたものということになります。

ミールという記載は、肉副産物として捨てられる部分(内臓、骨、血液、とさか、皮、くちばし、爪、羽など)も使用されており、栄養価もなければ良質でない肉を利用している可能性が高いです。

アレルギー・消化不良になりやすい穀物は使用している?

ニュートロ唯一のグレインフリーということもあり、アレルギーになりやすい穀物は一切使用していませんでした。

ただし、穀物が入っていなくても、じゃがいもや豆類で症状を起こす場合もありますので、与えてから数日は様子をみるようにしましょう。

もしワンちゃんの身体に合わないようでしたら、グレインフリー(穀物不使用)のモグワンドッグフードも食いつきが良くおすすめです。

ビートパルプの使用

ビートパルプを使用している物は粗悪なドッグフードと言う方もいらっしゃいますが、粗悪とまではいかないと思っています。

ただ、個人的にはビートパルプを使用したドッグフードを与えたくありません

その理由としては、ビートパルプは食物繊維が豊富過ぎて、犬にとっては便秘になりやすい原材料だからです。

また、非常に安価な原材料でコストを落とす為に使用しているのがほとんどです。

せっかく唯一のグレインフリードッグフードとのことだったので、ここもこだわってほしかったです。

ビートパルプ⇒サトウダイコン(別名:甜菜(テンサイ))の搾りカスです。

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン) のおすすめポイント

害のある添加物の使用がない

添加物のほとんどは、諸外国では発がん性の疑いがあるとの理由で、使用が認められていない国が多いです。

安価なドッグフードの中には、合成酸化防止剤(BHA・BHT)や着色料などは発がん性の報告もある添加物を使用している物が多いです。

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)も天然成分を利用していましたので問題ないドッグフードだと感じました。

動物性原材料のラインナップがある

チキン、ターキー、サーモン、ラム、ビーフの5種類があり、ワンちゃんが好む動物性原材料を第1主原料としたドッグフードを選ぶことができます。

これであれば食いつきが悪くても、他の種類を試してみることができますね!

ただし、どの種類にもチキンミールなどの別の動物性原材料を使用されているようなので、アレルギー対策の為に他の種類にするというのは辞めた方がいいですね。

そこだけは勘違いしないように、どの種類を選ぶとしてもしっかりと原材料は見てください!

どこでも売っているので買いやすい

ニュートロのドッグフードは、各ペットショップに置かれているので、購入しやすいです!

私もイオンのペットコーナーにて購入しました!

Amazonや楽天でも購入できますので、ポイントを利用して購入することもできます。

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン) を実際に与えた感想

グレインフリーのドッグフードということもあり期待していましたが、ユズハの食いつきはいまいちでした。

小型犬専用と言いますが、普段与えているドッグフードよりも、ちょっと粒が大きかったので、それも影響しているかもしれません。

また、ビートパルプが入っているからか、次の日のウンチの量が増加しました。

場合によっては便秘傾向になることもあるので、ビートパルプが入っている場合は普段との違いを観察するようにしてください。

もしビートパルプを使用するなら、ドッグフード内の割合を記載してほしかったですね。

また、副産物を使用していないチキンミールや原材料のこだわりについて記載がありましたが、グレードの話は書いてありませんでした。

せっかくグレインフリーのドッグフードを選ぶのであれば、値段的にもヒューマングレードの原材料を使用した、モグワンドッグフードが良いと思います。

以下、価格比較表を作成しましたので、検討材料の1つにしてみてください。

ドッグフード 価格 100g当たりの価格 公式サイト

ニュートロワイルドレシピ(2kg)

3808円 約190.4円 Amazon購入はこちら

モグワンドッグフード(1.8kg)

3920円 約217円 公式サイトはこちら

※価格に関しては、2022年4月での価格を参考にしています。

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン) を買った人の口コミと評判

参考までに、実際に愛犬に与えた方の口コミをいくつかご紹介したいと思います。

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン) の良い口コミ

3匹とも食い付きは大変良いです。(柴犬1匹、チワワ2匹)

フードによって全然食べませんが、このフードはトッピング無しでも長い間食べてくれてます!

ニュートロ・ワイルドレシピ(チキン) の悪い口コミ

穀物不使用でこの値段であれば、他も検討できる値段ですね・・・

オイリー感が凄いです。また、粒が大きく超小型犬には合わないかもしれません。

まとめ

ニュートロ社で唯一のグレインフリーのドッグフードでしたが、ユズハの食いつきはいまいちでした。

原材料から判断しても、問題と感じる原材料はないのですが、ミール系を使用したりビートパルプを使用したりと部分的に中途半端だなと感じてしまいました。

こだわりがあるのであれば、コスト面を気にせず、最高のドッグフードを製造してほしかったです。

グレインフリーのドッグフードでこれくらいの値段であれば、原材料もヒューマングレード(人間が食べれる原材料)のモグワンドッグフードでいいのではないかと思います。

100g当たりも数十円しか変わらないので、コスパ的には同じくらいですし、理想の食いつきを求めて開発されたドッグフードです。

もちろんユズハも食いつき抜群のドッグフードになります!

PickUp

1

あなたは愛犬の餌の食いつきに悩んでいませんか? 私は実家で犬を飼っていた経験から、犬を飼う上で餌の食いつきに悩まされるとは考えたこともありませんでした。 いざ飼ってみると、実家の犬とは違い、なかなかご ...

2

あなたは愛犬の涙やけに悩んでいませんか? 私はユズハ(愛犬)の涙やけが酷いなと感じた時期があり、サプリメントなどを与えようと思いましたが、口にいれる物なので警戒してしまい、普段の食事すらあまり食べなく ...

3

最近、愛犬がかゆがったり、フケや抜け毛が多いなと感じたことはありませんか? それは、今与えているドッグフードの食物アレルギーが原因かもしれません。 ユズハ(愛犬)が、かゆみがありそうなしぐさが多いなと ...

-ドッグフードの口コミ