ドッグフードの口コミ

ピュリナワンドッグフードの口コミは?実際に試した私の評価!

ピュリナワンは生チキンを主原料にしているというパッケージ表記に、品質も良いだろうと思って購入に至りました。

また、ほぐし粒のおかげでよく噛んで食べるようになったという声も聞いていたので、試してみたくなったという気持ちもあります。

ということで、今回は基本的なピュリナワンの成犬用を選んでみました。

当時の食いつき具合も含め、消化や健康面でも大丈夫なドッグフードなのかお伝えしていきます。

ピュリナワンドッグフードの原材料チェック

まず始めに、ピュリナワンドッグフードの原材料の情報をまとめてみました。

原材料

チキン、米、コーングルテン、とうもろこし、牛脂、チキンミール、小麦、脱脂大豆、たんぱく加水分解物、えんどう豆、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

ピュリナワンドッグフードの原材料から気になる点

早速、ピュリナワンドッグフードの気になる原材料を徹底検証していきます。

大事なたんぱく源となる肉類は何を使っている?

パッケージにも表記があったように、しっかりと第1主原料にチキンを使用していました!

公式サイトにも、たんぱく質を主原料とする重要性の記述があったので、犬にとって大事な動物性たんぱく質が取れるドッグフードであると判断できます。

しかし、動物性たんぱく質として、チキンミールという記載があるので、肉副産物(内臓、骨、血液、とさか、皮、くちばし、爪、羽など)を使用されている可能性があります。

メーカーによってはしっかりと「肉副産物を使用していない」と記載されていますが、私は見つけることができませんでした。

ただ、「良質なたんぱく質を含んだ新鮮なお肉やお魚が原材料」とは記載されていたので、変な部位は入っていないことを願うばかりです。

「新鮮な生肉が主原料」とこだわりがあるのなら、ミール系は使わずに鶏肉のみで製造していただきたかったです。

それだけでも飼い主としては安心できるんですが・・・

ミール系について

ミール⇒乾燥させて粉にしたものになります。その為、チキンミールと記載があれば、チキン(鶏)を乾燥させて粉末にしたものということになります。

ミールという記載は、肉副産物として捨てられる部分(内臓、骨、血液、とさか、皮、くちばし、爪、羽など)も使用されており、栄養価もなければ良質でない肉を利用している可能性が高いです。

アレルギー・消化不良になりやすい穀物は使用している?

原材料を見てみると、米、コーングルテン、とうもろこし、小麦といった穀物を使用していました。

米以外はアレルギーになりやすい穀物なので、フード与える際は注意が必要です。

また、肉が主原料となっていますが、ここまで穀物の種類が多いと「穀物」としては肉よりも割合が多くなっているのではないかと感じてしまいます。

犬の身体の構造上、穀物を消化するのに必要なアミラーゼという酵素が少ない関係で、消化不良を起こし下痢になる可能性が高いので、与え始めの際はしっかりとワンちゃんの様子をみてあげてください!

もしワンちゃんの身体に合わない、穀物のすべてが不安という場合は、グレインフリー(穀物不使用)のモグワンドッグフードが食いつきが良くおすすめです。

添加物の使用について

添加物のほとんどは、諸外国では発がん性の疑いがあるとの理由で、使用が認められていない国が多いです。

安価なドッグフードの中には、合成酸化防止剤(BHA・BHT)や着色料などは発がん性の報告もある添加物を使用している物が多い中、ピュリナワンでは危ない物は使用されていませんでした。

添加物に関しては問題ないと言っていいと思います!

ピュリナワンドッグフードのおすすめポイント

小分けになっている

ドライフードとはいえ、封を開けた瞬間から空気に触れることで酸化し味の低下に繋がります。

私は密閉容器に乾燥材を入れて保存するようにしていますが、この手間が面倒だと感じる人もいると思います。

それを踏まえても、小分けになっていることで、新鮮な状態のフードをあげることができますね

※小分けになっていますが、1つ1つがジッパー式ではないので、すぐに使い切れない場合は、開けたものはしっかりと保存する必要があります。

コスパが良い

安価なドッグフードの中には、アレルギーになりやすい穀物と分かっていても、「トウモロコシ」や「小麦」を主原料として製造されます。

もちろん肉よりも安いので、コスト削減の為ですね。

それでもピュリナワンは、チキンを主原料としているにもかかわらず、100g当たり約50円という安さです!

ただし、「良質なたんぱく質を含んだ新鮮なお肉やお魚が原材料」とは記載されていても、ヒューマングレード(人間が食べれる食材)とは記載されていなかったので、その部分に心配は残ります。

とはいえ、安価なドッグフードの中では、害のある添加物も使用せず、原材料も考えられたドッグフードだと思います!

ピュリナワンドッグフードを実際に与えた感想

ユズハがピュリナワンドッグフードを食べたかというと、1回目から途中で残して終わりました。

味が美味しくなかった理由もあると思いますが、普段与えているドッグフードよりも粒が大きすぎたことも原因の1つだと思います。

ほぐし粒があることでよく噛んで食べると聞いていましたが、小型犬のトイプードルには大きすぎたようです。

食べにくそうだったのが、すぐに分かりました。

「小型犬にぴったりの献立」とパッケージにも書いてありましたが、もう少し粒の大きさは考えた方が良いのでないかと思いましたね。

ピュリナワンドッグフードを買った人の口コミと評判

参考までに、実際に愛犬に与えた方の口コミをいくつかご紹介したいと思います。

ピュリナワンドッグフードの良い口コミ

安いフードの部類の中では、身体に悪そうな原料が用いられてないので継続使用中です。

こちらのピュリナはほぐしが大好きです。フードは大きいので食べにくそうですが、それでも食べるので、好きなんでしょうね。

ピュリナワンドッグフードの悪い口コミ

食いつきも良くなくやはり残しがち。しかもほぐし粒という美味しそうなやつがよく残ってます。

食いつきは悪くないのですが、うちの子には合わない様で軟便になります。

まとめ

今回はピュリナワンを試してみましたが、コスパ的には害のある添加物も使用されておらず、動物性たんぱく質への考えもあるドッグフードだということが分かりました。

安価なドッグフードの中では、おすすめできるドッグフードの1つです。

ただし、割合的に穀物が多いように感じましたし、アレルギーや消化不良を起こす可能性が高いと感じます。

実際に口コミでも軟便になって与えるのを辞めたという意見も何件かありました。

また、ドッグフードの粒の大きさの関係で食べないという意見もありました。

これは、ユズハも同じような状況でした。

私がいつも愛用しているモグワンドッグフードは小粒だったこともあり、大きめの粒は嫌なのでしょうね。

コスパ的には良さそうなドッグフードではありますが、アレルギーも心配されますし、食べにくいということがストレスに繋がることもあります。

愛犬の様子によってはドッグフードの切り替えも検討してみてください。

PickUp

1

あなたは愛犬の餌の食いつきに悩んでいませんか? 私は実家で犬を飼っていた経験から、犬を飼う上で餌の食いつきに悩まされるとは考えたこともありませんでした。 いざ飼ってみると、実家の犬とは違い、なかなかご ...

2

あなたは愛犬の涙やけに悩んでいませんか? 私はユズハ(愛犬)の涙やけが酷いなと感じた時期があり、サプリメントなどを与えようと思いましたが、口にいれる物なので警戒してしまい、普段の食事すらあまり食べなく ...

3

最近、愛犬がかゆがったり、フケや抜け毛が多いなと感じたことはありませんか? それは、今与えているドッグフードの食物アレルギーが原因かもしれません。 ユズハ(愛犬)が、かゆみがありそうなしぐさが多いなと ...

-ドッグフードの口コミ