ドッグフードの口コミ

ファーストチョイスドッグフードの口コミは?原材料から考えられる評価!

ファーストチョイスドッグフードは、日本の生活環境に合わせて、必要なだけの脂肪を配合し、余分な脂肪をカットした低脂肪フードです。

近年の外出不可の関係で室内に居ることも多いので、なるべく太りにくいフードを探している時に、見つけたドッグフードです!

今回は基本的な成犬1歳以上のタイプを試してみることにしました!

私が実際に与えてみて、食いつきの悪いユズハ(愛犬)が食べてくれたのか?原材料から見て安心なドッグフードなのかお伝えしていきます!

ファーストチョイスドッグフードの原材料チェック

まず始めに、ファーストチョイスドッグフードの原材料の情報をまとめてみました。

原材料

コーン、鶏肉、米、コーングルテンミール、鶏脂、ビートパルプ、たん白加水分解物、大豆レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母、全粒亜麻仁(オメガ3・6脂肪酸源)、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)

ファーストチョイスドッグフードの原材料から気になる点

早速ファーストチョイスドッグフードの、気になる原材料を徹底検証していきます。

大事な動物性原材料は何を使っている?

犬の食事のうち50~70%は肉・魚関連の食べ物を与えることが好ましいとされている中、第2主原料が鶏肉のドッグフードでした。

やはり、犬にとって大切な動物性原材料は、第1主原料にしていほしいですね。

ただ、ミール系は使用していない部分には好感を持てました!

さらに、鶏の副産物(頭・腸・足など)を除いた鶏肉を使用との明記もあったので、動物性原材料に対しての想いは感じられます。

コストの面で、どうしても第2主原料になってしまったでしょうね。

コストも大事でしょうが、ワンちゃんのことを考えれば、タンパク質の大切さに対する配慮が足りないように感じて残念で仕方ありませんね。

ミール系について

ミール⇒乾燥させて粉にしたものになります。その為、チキンミールと記載があれば、チキン(鶏)を乾燥させて粉末にしたものということになります。

ミールという記載は、肉副産物として捨てられる部分(内臓、骨、血液、とさか、皮、くちばし、爪、羽など)も使用されており、栄養価もなければ良質でない肉を利用している可能性が高いです。

アレルギー・消化不良になりやすい穀物は使用している?

まさかの第1、第3、第4主原料に、コーン、米、コーングルテンミールを使用しているドッグフードでした

コーンは穀物の中でもアレルギーが出やすい原料になります

ただ、安価なドッグフードと違ってこだわりをしっかり明記してあり、カナダ穀物協会(CanadaGrain Commission)認定グレードの完全粒コーンを厳選しているそうです。

さらに、デンプンを吸収しやすくするような加工方法で製造しているようです。

また、米に関しては、コーンのようにアレルギーが出るわけではないので安心ですが、穀物を使用するのであれば栄養価が高い大麦や玄米で製造してほしかったですね。

穀物に対する品質なども考えているようですが、そもそも犬の身体の構造上、穀物を消化するのに必要なアミラーゼという酵素が少なく、あげすぎてしまうと消化不良を起こしやすくなります。

原材料を見る限り、アレルギーになりやすく、消化不良を起こしやすい原料が割合的に多いように感じられますので、与える際は様子を見ながら与えてください。

ビートパルプの使用

ビートパルプを使用している物は粗悪なドッグフードと言う方もいらっしゃいますが、粗悪とまではいかないと思っています。

ただ、個人的にはビートパルプを使用したドッグフードを与えたくありません

その理由としては、ビートパルプは食物繊維が豊富過ぎて、犬にとっては便秘になりやすい原材料だからです。

また、非常に安価な原材料でかさましでコストを落とす為に使用しているのがほとんどです。

おいしさを追求したのであれば、コスト面ではなく、他の食材で補ってほしかったですね。

ビートパルプ⇒サトウダイコン(別名:甜菜(テンサイ))の搾りカスです。

ファーストチョイスドッグフードのおすすめポイント

では、私が思うファーストチョイスドッグフードのおすすめポイントをお伝えさせていただきます。

安心・安全への取り組み

基本的にどこのメーカーもペットフードを製造する上での法令を守って製造しているとは思います。

ただ、アース・ペットの製品は、ペットフード安全法を始めとした様々な基準を順守しているだけでなく、以下のような独自の厳しい基準を定めて製造しています。

  • ・自然派保存料使用
  • ・合成着色料・合成香料無添加
  • ・鶏肉副産物不使用

さらに、獣医師、動物栄養学者と共同開発をし、外部機関での給与試験を何度も繰り返し優れた商品を開発しています。

その他にも、製造前段階にて原材料の検査を徹底し、合格ラインにとどいた原材料のみ使用しています。

低価格なペットフードを製造しているメーカーの中では、このような明確な記載をするメーカーは少ないので、安全なドッグフード製造に力を入れていることが分かりますね!

どこでも売っているので買いやすい

ファーストチョイスドッグフードは、ペットショップ、ホームセンター、ドラッグストアで売っています。

また、ペットコーナーがあるイオンなどでも売っています。

これだけどこでも購入できるなら、ドッグフードの残量を見ながら、仕事帰りや近所に買い物に行くついでにすぐに購入できますね。

もしも近所に売っていない種類であればAmazonや楽天でも販売されていますので、愛用している方からすればとても購入しやすいドッグフードです!

ファーストチョイスドッグフードを実際に与えた感想

特に害のある原材料は使用されていませんでしたので、ユズハに実際に与えてみました。

食いつきが悪いユズハがファーストチョイスドッグフードを食べたかというと・・・

完食してくれませんでした・・・

基本的に動物性たんぱく質の割合が多いドッグフードを与えているユズハは、穀物主体のドッグフードは食べないことが多いです。

なので、割合として穀物が多いドッグフードは嫌いなのかもしれません。

それでも、室内で飼ったり、運動量が少ないワンちゃんにとっては、低脂質のドッグフードは嬉しいですよね。

私が愛用しているこのこのごはんドッグフードは低脂質なドッグフードで、小型犬に為に考えれたドッグフードで食いつきも良く、ユズハのお気に入りです!

私のみの口コミだと信憑性もないと思いますので、ファーストチョイスドッグフードを買っている方の口コミを探してみました。

ファーストチョイスドッグフードを買った人の口コミと評判

参考までに、実際に愛犬に与えた方の口コミをいくつかご紹介したいと思います。

ファーストチョイスドッグフードの良い口コミ

うちの子はずっとこのドッグフードを愛用しています!

コスパが良いドッグフードです!食いつきも問題なし!

ファーストチョイスドッグフードの悪い口コミ

食いつきがいい!と思いきや、次の日からまったく食べなかったです。

普通に食べてくれますが、うんちの量が増えたので、これからも続けるか悩んでいます。

まとめ

犬の好みもありますのでダメとは一概には言えませんが、アレルギー性のある穀物が主原料なので、原材料から見る部分ではあまりいい印象は受けません

それでも少しでも品質にこだわり、コストが良いドッグフード製造しようとする企業努力は感じられます。

食いつきに関しての口コミを見ても、半々の意見のように感じました。

ただ、うんちに関する悩みが多かったので、穀物やビートパルプが影響している可能性が高いです。

コスパ的に良いドッグフードかもしれませんが、与える際はしっかりとワンちゃんの様子を見てあげてください!

何かあってからでは遅いですので、最初から大切なワンちゃんを考えるのであれば、国産で品質にもこだわりのあるこのこのごはんというドッグフードもおすすめですよ!

PickUp

1

あなたは愛犬の餌の食いつきに悩んでいませんか? 私は実家で犬を飼っていた経験から、犬を飼う上で餌の食いつきに悩まされるとは考えたこともありませんでした。 いざ飼ってみると、実家の犬とは違い、なかなかご ...

2

あなたは愛犬の涙やけに悩んでいませんか? 私はユズハ(愛犬)の涙やけが酷いなと感じた時期があり、サプリメントなどを与えようと思いましたが、口にいれる物なので警戒してしまい、普段の食事すらあまり食べなく ...

3

最近、愛犬がかゆがったり、フケや抜け毛が多いなと感じたことはありませんか? それは、今与えているドッグフードの食物アレルギーが原因かもしれません。 ユズハ(愛犬)が、かゆみがありそうなしぐさが多いなと ...

-ドッグフードの口コミ