ドッグフードの口コミ

アイムスドッグフード(成犬・健康維持用・チキン)を食べさせた感想!

アイムスドッグフードはペットショップやホームセンターでも売られているので、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

私も手軽に購入しやすいので、犬を飼い始めた当初に使用したことがあるドッグフードです。

当時の食いつき具合も含め、消化や健康面でも大丈夫なドッグフードなのかお伝えしていきます。

アイムスドッグフードの原材料チェック

まず始めに、アイムスドッグフードの原材料の情報をまとめてみました。

原材料

肉類(チキンミール、家禽ミール)、小麦、とうもろこし、大麦、チキンオイル、植物性タンパク、家禽エキス、乾燥ビートパルプ、乾燥酵母、フィッシュオイル、STPP (トリポリリン酸塩)、フラクトオリゴ糖、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、K3、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)

アイムスドッグフードの原材料から気になる点

早速アイムスドッグフードの気になる原材料を徹底検証していきます。手軽に購入できる商品ではありますが、商品の内容はどうなのでしょうか。

大事なたんぱく源となる肉類は何を使っている?

第1主原料に肉類となっているので期待していましたが、その中身が「ミール系」ということにガッカリしています。

ミールとは簡単に言えば、乾燥させて粉にしたものになります。アイムスドッグフードで言えば、チキンを乾燥させて粉末にしたものですね。

「乾燥させた肉なら問題なさそう」とよく思われるのですが、問題はその中身です。

本来なら肉副産物として捨てられる部分(内臓、骨、血液、とさか、皮、くちばし、爪、羽など)を使用している可能性が高いのです

さらに、チキンミールだけであれば「鶏」と判断できるのですが、家禽(かきん)ミールは「飼育される鳥の総称」であり種類は限定されていないことで、何の鳥を原材料にしているか全く分からないのです。

ペットフードメーカーによっては、粗悪品と区別する為に、副産物についてや肉のグレードなどが明記されていますが、アイムスドッグフードのホームページでは記載を見つけることができませんでした。

大事なたんぱく源であり、第1主原料にもなっている肉の中身が分からないようなフードは心配で仕方がありません

アレルギー・消化不良になりやすい穀物の使用

穀物の中でも、小麦ととうもろこしはアレルギーになりやすい原材料にも関わらず、2番目3番目に多く使用されています

コストの面もあるかもしれませんが、栄養があり低アレルゲンの大麦や玄米をメインに製造してほしかったです。

また、加熱調理された穀物なら消化・吸収しやすいと言われています。ただ本来の犬の身体の構造上、穀物を消化するのに必要なアミラーゼという酵素をごくわずかしか持っていません。

グレインフリーのドッグフードでない時点で、消化不良を起こし下痢になる可能性が高いことには間違いありません。

合成酸化防止剤(BHA・BHT)の使用

以前は天然成分のローズマリー抽出物を酸化防止剤として使用していました。それがリニューアルと言いながら、合成酸化防止剤(BHA・BHT)を使用するようになり、グレードダウンしたとしか言いようがありません

使用量が決められているので安全性は守られているとは思いますが、ラット実験では発がん性リスクの報告もあるので心配になります。

リニューアル前と後で、そこまで変化していないと思い込み使い続けている方もいらっしゃいますが、成分的に考えていただきたい部分です。

アイムスドッグフードのおすすめポイント

小分けになって使いやすい

ドライフードとはいえ、封を開けた瞬間から空気に触れることで酸化し味の低下に繋がります。

私は密閉容器に乾燥材を入れて保存するようにしていますが、この手間が面倒だと感じる人もいると思います。

それを踏まえても、小分けになっていることで、新鮮な状態のフードをあげることができますね

※小分けになっていますが、1つ1つがジッパー式ではないので、すぐに使い切れない場合は、開けたものはしっかりと保存する必要があります。

リーズナブルで手に入りやすい

安価な物の中には第1主原料が穀物になっているものもありますが、アイムスドッグフードはチキン・家禽ミールとはいえ、第1主原料が肉になっています。

その中でも安価に手に入れられ、ペットショップやホームセンターですぐに購入できるのは、ありがたいですね。

子犬用・成犬用・シニア用とラインナップがある

年齢によってフードは変えた方がいいのか?という悩みを持つ方は多いです。

年齢によってエネルギー摂取量や栄養素の吸収率が変わってきますので、オールステージ用のフードでなければ変えてあげたいです。

それを考えると、アイムスドッグフードを気に入っているワンちゃんであれば、タイミングに合わせて切り替えもしやすいと思います。

アイムスドッグフードを実際に与えた感想

私も飼い始めの頃は、ペットショップなどですぐに購入できる商品を探して、アイムスドッグフードを与えたことがあります。

結果は最初の1度きりで、その後は全く食べてくれませんでした。

1度だけしか食べていないので何とも言えませんが、次の日のウンチが少し臭かった気がします

当時は原材料など気にしていませんでしたが、今ではあの時に食べ続けることがなくて良かったと安心しています。

やっぱり犬のことを考えると、何を使っているか分からず、健康に悪そうな原材料が入っているものは与えたくないですね。

アイムスドッグフードを買った人の口コミと評判

参考までに、実際に愛犬に与えた方の口コミをいくつかご紹介したいと思います。

アイムスドッグフードの良い口コミ

値段がリーズナブルなので、試しに買って食べさせたら、反応が良かったです。
犬それぞれ好みはあるかと思いますが、うちはよく食べるので、定期購入にしました。

小袋になっているので、新鮮さが保たれるのでとてもいいと思います。

アイムスドッグフードの悪い口コミ

かなり前ですが、動物病院へ行った際に試供品のアイムスがあったので、もらってみたら、まったく食いつきもしませんでした・・・(笑)

個人的にアイムスは内容物が良くありませんのでオススメはしないです。
後ろの方によく分からないカタカナがごちゃごちゃ書いてあるフードはだめです。

まとめ

肉を主原料としたリーズナブルなドッグフードと思いきや、チキンミールや家禽ミールといった何を原材料としているか分からないフードであり、アレルギーになりやすく、消化不良を起こしやすい穀物を使用しているフードということが分かりました。

病気になったり体調を崩してからでは遅いです。フードを安くした為に、治療費の方が高くなってしまうことも予想されます。

やはり犬の健康を考えれば、多少のコストが増えたとしても、ヒューマングレードでグレインフリーのドッグフードを与えるべきです。

私が与えているヒューマングレードでグレインフリーの「モグワンドッグフード」は原材料から製造まで徹底されているプレミアムドッグフードです。食いつき解消のきっかけになったドッグフードでかなりおすすめです!

PickUp

1

あなたは愛犬の餌の食いつきに悩んでいませんか? 私は実家で犬を飼っていた経験から、犬を飼う上で餌の食いつきに悩まされるとは考えたこともありませんでした。 いざ飼ってみると、実家の犬とは違い、なかなかご ...

2

あなたは愛犬の涙やけに悩んでいませんか? 私はユズハ(愛犬)の涙やけが酷いなと感じた時期があり、サプリメントなどを与えようと思いましたが、口にいれる物なので警戒してしまい、普段の食事すらあまり食べなく ...

3

最近、愛犬がかゆがったり、フケや抜け毛が多いなと感じたことはありませんか? それは、今与えているドッグフードの食物アレルギーが原因かもしれません。 ユズハ(愛犬)が、かゆみがありそうなしぐさが多いなと ...

-ドッグフードの口コミ